輩を見て生まれた月額といった血液種別を割り当てる

 私の得意なときの一つに「人の生まれた毎月といった血液階級を割り付ける」ことがあります。十中八九役に立たない元の木阿弥得手ですが、これが極めて当たったり行う。決して1毎月、4毎月、9毎月生誕といったO階級、B階級、AB階級が伝わるです。微妙な毎月もありますが、今まで出会ってきたバラエティーを生まれ月別分けて見ると共通点があります。1毎月生誕のバラエティーは巧みです。4毎月生誕のバラエティーは独自の編制って進度を苦しくもって起こる。9毎月のバラエティーは感覚弱弱しく見えますが、本当はかなりのエナジーを持っています。そうして血液階級は「サイン」で捉えられます。関わった会社それぞれの乗り切る感覚が違う。ですがA階級の個々がO階級に感じられたりすることがあるのでそれの審判が難しかったり行う。
 この得手がデイリーで役に立つことはだいたいありませんが、「生誕」と「血液階級」はその人の独自にまったく影響を与えていると感じます。「○○階級は××ですから」というようにグループ感じが持たれていますが、その感じに生きているといった寄っていってしまうのでしょうか。それの証明も面白いと思います。印象を持つことにしばしば良い事はありませんが、「第初心感覚」を研究していくのはマズイ明るい事です。www.ackerbilk.co.uk